産経WEST

「神戸牛フィレ」は「但馬牛フィレ」だった…JA全農兵庫直営の高級店で食材偽装、差額総額1千万円

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「神戸牛フィレ」は「但馬牛フィレ」だった…JA全農兵庫直営の高級店で食材偽装、差額総額1千万円

 全国農業協同組合連合会兵庫県本部(JA全農兵庫)は23日、直営の高級レストラン「神戸プレジール」本店(神戸市中央区)で、「神戸牛フィレ肉」と偽装して但馬牛フィレ肉を提供していたと明らかにした。昨年4月以降、推計で3200食を提供しており、正規価格との差額は総額で約1千万円に上るという。

 JA全農兵庫によると、本店で提供していた神戸牛フィレ肉(単品8千円)について、「但馬牛フィレ肉(同5500円)を神戸牛に偽装して提供している」と今月16日、内部告発があった。

 40代の男性料理長は聞き取りに対し、「神戸牛が恒常的に不足する中、注文に応じようと但馬牛を提供してしまった」と事実関係を認めた。また、伝票を調べた結果、仕入れ量と販売量にかなりの差異があることも判明したという。

 JA全農兵庫は本店を当面の間休業し、提供客には代金を返金する方針。系列の銀座店(東京)では同様の行為は確認されなかったが、再点検のため休店するという。

 会見した曽輪佳彦・県本部長は「生産者らを守る立場にあるにもかかわらず、ブランドを傷つけてしまった」と謝罪した。

「産経WEST」のランキング