産経WEST

【維新会見詳報(上)】「地元大阪で競り負けた」 橋下氏不在の初の衆院選「全国への発信難しかった」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【維新会見詳報(上)】
「地元大阪で競り負けた」 橋下氏不在の初の衆院選「全国への発信難しかった」

大阪維新の会の開票センターで会見する松井一郎代表=22日夜、大阪市北区(山田哲司撮影) 大阪維新の会の開票センターで会見する松井一郎代表=22日夜、大阪市北区(山田哲司撮影)

 「非常に厳しい結果だ。自公に地元の大阪で競り負けた」。衆院選の大勢判明を受け、日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は22日午後11時半すぎから、大阪市北区のホテルに設けた開票センターで記者会見し、堅い表情で敗北を認めた。

 会場に姿をみせた松井代表は、黒縁眼鏡に、黒色のスーツ、黒とグレーのネクタイに白いシャツ姿で会見に臨んだ。当選状況を示す背後のボードには会見開始時点で選挙区の2候補の氏名が掲げられたのみ。時折目をしばたたかせながら複雑な表情を浮かべた。

 冒頭から「ご承知のとおり、厳しい状況だ」と切り出し、「地元の大阪においても競り負けたということが今のわれわれの力不足をあらわしている」と敗戦の弁。開票作業が続く中、「1人でも多くの仲間が比例で復活できるように見守りたい」と淡々と語った。

 全国的に自民党が堅調に議席を獲得する中、「やはり政府与党が強かった。自民、公明両党で全議席の3分の2に迫るということで政府与党が信任されたということだ」と言及。

 維新の今後の国政での活動については「衆議院と参議院を合わせても十数人の(小規模な)政党ですから…」と言葉を詰まらせながら、「それでも、なんとか存在感を発揮するために是々非々の対応で臨みたい」と語った。

続きを読む

「産経WEST」のランキング