産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】掛布氏の後任二軍監督に矢野コーチ配転「愚の骨頂」の声…金本阪神3年目の不安

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】
掛布氏の後任二軍監督に矢野コーチ配転「愚の骨頂」の声…金本阪神3年目の不安

継投策や細かな戦略戦術で、金本知憲監督を支えた矢野燿大一軍作戦兼バッテリーコーチ =東京ドーム(村本聡撮影) 継投策や細かな戦略戦術で、金本知憲監督を支えた矢野燿大一軍作戦兼バッテリーコーチ =東京ドーム(村本聡撮影)

 ポスト掛布として矢野燿大一軍作戦兼バッテリーコーチ(49)を二軍監督に配転させる人事は愚の骨頂-という意見が噴出しています。阪神はCSのファーストステージでDeNAに敗退、今季を終えました。金本知憲監督(49)の来季続投は決定済みで、あす23日には来季に向けた新体制を発表します。掛布二軍監督退任後の二軍監督には矢野コーチを配転させる方針ですが、勝負の年となる監督就任3年目の来季、一軍から「矢野」の名前が抜けるデメリットを早くも心配する声が巻き起こっています。

■気心の知れた参謀だからこそ…あの甲子園“泥田”は前兆!? オーナーの考えは

 あっけない今季終了でした。14日から始まったCSのファーストステージはDeNAに1勝2敗で敗退。第1戦(14日)をメッセンジャーの好投と福留の2ランで先勝したのに、雨中の“泥田野球”となった第2戦(15日)の打撃戦で打ち負けました。雨天中止を挟んだ17日の第3戦も先発・能見が初回KO。そのまま敗れ去りました。

 「本当に悔しい…」。金本監督はまさに地団駄(じだんだ)を踏む思いだったでしょうね。流れが変わったのは雨天でも強行した第2戦だったでしょう。ファイナルステージまでの予備日が1日しかなく、15日に続き16日の予報も悪かったため、試合を管轄したセ・リーグは試合を強行しました。

 グラウンドはまさに泥田状態で、一挙に6失点を喫した七回表の守備も一塁線に止まる普通ではあり得ない内野安打がきっかけでした。もし、セ・リーグが強行しようとしても、選手の健康管理などを理由に阪神球団が徹底抗戦していれば、試合は本当に開催にこぎ着けたでしょうか。

 「まさにフロントの弱さを露呈した試合強行だったんじゃあないか。阪神球団として本拠地・甲子園球場で開催しているのだから、グラウンド状態の悪化と選手の健康管理、故障の心配などを理由に挙げて、試合開始に抵抗し続ける姿勢が必要だった。たとえ権限を持つセ・リーグだったとしても、開催球場の球団が抵抗すれば、本当に試合開始にこぎつけたか…は大いに疑問だ」というのは阪神OBの言葉です。

 確かに泥田のグラウンドで野球を強行すれば球団の財産である選手の健康管理には大いなる危険が発生します。一理ある意見ですね。

 しかし、もう勝負は終わったわけです。何を言っても後の祭りです。金本阪神は今季の全日程を終了し、すべての流れは来季に向けられていますね。26日のドラフト会議での戦略やFA補強策、外国人選手補強策など新たな戦力編成が始まります。そして、あす23日に発表される来季に向けた金本阪神の新体制にも注目が集まるでしょう。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング