産経WEST

【神戸製鋼データ改竄】新たな事実で会見へ 幹部が説明

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【神戸製鋼データ改竄】
新たな事実で会見へ 幹部が説明

性能データ改竄問題で謝罪する神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長(手前)=10月13日、東京都港区(飯田英男撮影) 性能データ改竄問題で謝罪する神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長(手前)=10月13日、東京都港区(飯田英男撮影)

 製品データ改竄(かいざん)問題を起こした神戸製鋼所は20日、不正に関連して新たな事実が判明したと明らかにした。詳細は公表しておらず、午後にも幹部が記者会見を開いて説明するという。

 神戸製鋼を巡っては、8日にアルミニウムと銅製品の性能データの改竄を公表した後、不正の対象が鉄粉や鋼線、特殊鋼などに拡大し、納入先も延べ約500社に膨れあがっている。

 海外メーカーや米司法省なども調査に乗り出しており、国際的な問題に発展している。

このニュースの写真

  • 新たな事実で会見へ 幹部が説明

「産経WEST」のランキング