産経WEST

ドローンがヘリとニアミス 石川上空、県警ヘリと水平距離で100メートル

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ドローンがヘリとニアミス 石川上空、県警ヘリと水平距離で100メートル

 石川県上空を飛行中の県警のヘリコプターと小型無人機「ドローン」がニアミスしていたことが20日、国土交通省への取材で分かった。衝突はしなかった。ドローンは必要な届け出をせずに飛行していた。

 同省によると、18日午前10時15分ごろ、県警ヘリの操縦士が石川県かほく市の上空約600メートルを飛行中、高度約450メートル付近を飛ぶドローンを発見した。水平距離で約100メートル離れていたという。

 航空法は高度150メートル以上でドローンを飛ばす場合、国交省の許可が必要としているが、同地域を所管する大阪航空局小松空港事務所に届け出はなかった。

「産経WEST」のランキング