産経WEST

【神戸製鋼データ改竄】取引先に「神鋼離れ」も 広がる波紋

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【神戸製鋼データ改竄】
取引先に「神鋼離れ」も 広がる波紋

アルミ・銅製品のデータ改竄が行われた長府製造所=山口県下関市(神戸製鋼提供) アルミ・銅製品のデータ改竄が行われた長府製造所=山口県下関市(神戸製鋼提供)

 ただ、安全確認は容易ではない。島津製作所は、すでに出荷済みの自社製品について検証は難しいとし、神戸製鋼から安全性の報告を待っているという。

 JR西日本はこれまで過去5年分を調べ、新幹線に2つの不正アルミ部品があったと公表したが、10年前までさかのぼると、新たに3つの部品で不正なアルミ部品の使用がわかった。

 一方、不正があった製品を使っていない企業も調査を続けている。

 シャープは神戸製鋼の製品を直接購入していないが、間接的に仕入れていなかったかどうか確認に追われている。

 ヤンマーも購入していた特殊鋼に不正製品はなかったが、「他社から仕入れている資材も多く、情報収集を続けている」。同様に、現時点で不正製品使用を確認していない大阪ガスのある社員は「不正の事実が公表されるたびに確認作業をするのも一苦労」と徒労感を募らせている。

「産経WEST」のランキング