産経WEST

【関西の議論】福沢諭吉も感激 国家に先駆けて…京都の町衆が創設した「番組小学校」とは 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
福沢諭吉も感激 国家に先駆けて…京都の町衆が創設した「番組小学校」とは 

元開智小学校を改修整備して開館している京都市学校歴史博物館=京都市下京区 元開智小学校を改修整備して開館している京都市学校歴史博物館=京都市下京区

 市民の間では今も元学区として残り続けている。

学校に愛着、姿変えず再活用

 もともと64校あった番組小学校は、学校制度の変更などで名称を変えながらも元番組小学校として続いてきた。だが、平成に入ると、京都市中心部のドーナツ化減少や少子化の影響で、統廃合の対象に。今も統廃合していない元番組小学校は4校を残すのみだ。

 そうなると、統廃合で閉校した学校の跡地活用が課題になる。かといって、市民の寄付などでつくられた小学校である以上、京都市としても勝手に事を進めることはできない。

 「活用方法を考えるうえで何よりも重要視するのは市民からの声」と話すのは市資産活用推進室の担当者。「もともと市民の寄付金や土地で学校が運営されてきたという歴史的経緯があるので、学校への愛着がある市民が多い。再活用でも校舎を残してほしいとの要望が多く寄せられる」

 その結果、市主導で生まれたのが、小学校のたたずまいを色濃く残す再利用という手法だ。元開智小(下京区)は市学校歴史博物館に、元龍池小(中京区)は京都国際マンガミュージアムに、元明倫小(中京区)は京都芸術センターに生まれ変わった。

民間巻き込み、ホテル展開も

 一方で、市内中心部にあるまとまった土地は、民間資金を用いて再開発すれば税収増加に貢献するのは確実。そこで市は元弥栄小跡地(東山区)を対象に民間事業者を初めて公募した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 福沢諭吉も感激 国家に先駆けて…京都の町衆が創設した「番組小学校」とは 
  • 福沢諭吉も感激 国家に先駆けて…京都の町衆が創設した「番組小学校」とは 
  • 福沢諭吉も感激 国家に先駆けて…京都の町衆が創設した「番組小学校」とは 
  • 福沢諭吉も感激 国家に先駆けて…京都の町衆が創設した「番組小学校」とは 
  • 福沢諭吉も感激 国家に先駆けて…京都の町衆が創設した「番組小学校」とは 

関連トピックス

「産経WEST」のランキング