産経WEST

【衝撃事件の核心】偽装結婚フィリピン人女性の「出稼ぎ哀史」 パブ摘発で暴かれた現実

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
偽装結婚フィリピン人女性の「出稼ぎ哀史」 パブ摘発で暴かれた現実

フィリピン人女性を来日させ、日本人と偽装結婚させた男が経営していたパブ「クラブ マリポサ」のあった建物。ホステスとして働いた女性の労働環境は劣悪だった=大阪府泉佐野市 フィリピン人女性を来日させ、日本人と偽装結婚させた男が経営していたパブ「クラブ マリポサ」のあった建物。ホステスとして働いた女性の労働環境は劣悪だった=大阪府泉佐野市

 「ジャパゆきさん」。バブルに踊った1980年代の日本で、フィリピンから出稼ぎにやってきた女性労働者はこんな名で呼ばれ、風俗業を中心とした違法就労が社会問題になったことがある。「日本は豊かな国」。日本に来て働けば幸せになれる-という幻想はなお、海の向こうでは消えていないようだ。パブでホステスとして働かせるためフィリピン人の女を来日させ、日本人と偽装結婚させたとして、大阪府警が経営者の男(59)=大阪府泉佐野市=を逮捕した。出稼ぎのホステスにとっては夢にまで見たニッポン。いざ来てみればピンハネのひどさに不満が続出、脱走が相次いでいた。彼女たちが豊かな国のウラで直面した現実とは-。

「情が厚く、人懐っこい」

 「本日のコスプレは、前回大好評だった体操服です」

 男が泉佐野市内で経営していたパブ「クラブ マリポサ」のものとみられるフェイスブック。薄暗い店内で、ブルマー姿の女性らが開脚したり、バレーボールに興じたりしている画像がアップされ、来店を呼びかける言葉が並ぶ。男は同じ市内で「BARベイウォッチ」という店も営業。いずれも酒席でのフィリピン女性による接客を売りにしていた。

 フィリピンパブと呼ばれる業態で、バブル期は地方を中心に各地に店があり、盛況だった。女性たちは主にダンスや芸能活動を行うための「興行」の在留資格で来日していたが、実態はホステス。売春など違法な風俗産業への流出も問題になり、平成17(2005)年の入管難民法改正で対策が強化されてからは外国人パブは下火になった。

情の厚さ、逆手に…〝誓い〟のキス写真、そして

このニュースの写真

  • 偽装結婚フィリピン人女性の「出稼ぎ哀史」 パブ摘発で暴かれた現実

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング