産経WEST

【鉄道ファン必見・動画】300円で気軽に新幹線 JR西日本の博多南線、基地への回送が旅客列車化 地元の市昇格に貢献

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鉄道ファン必見・動画】
300円で気軽に新幹線 JR西日本の博多南線、基地への回送が旅客列車化 地元の市昇格に貢献

博多南駅で出発を待つ500系。後方に車両基地が見える 博多南駅で出発を待つ500系。後方に車両基地が見える

 鉄道ファンの人気を集める新幹線500系や700系に300円で乗れる路線がある。博多と車両基地がある博多南(福岡県春日市)を結ぶ8・5キロの「博多南線」で、車両基地を所有するJR西日本が運行する。もともとは回送列車が走るだけだったが、地元からの要望で一部が旅客化。レールと駅を得た地元の那珂川町は発展を遂げ、来年に市へ昇格。博多南線は貢献大といえる。

 山陽新幹線と九州新幹線が接続する博多駅。新大阪発博多行きの700系「こだま」がゆっくりとホームに滑り込む。大きな荷物の観光客やビジネスマンが下車するのと入れ替わりに学生や主婦らが乗り込んだ。こだまは博多が終点のはずだが…。行き先表示を見ると「博多南」の文字が。こだまが博多南線の列車に「変身」したのだ。

 8両編成の「在来線特急」は鹿児島中央方面へ最高時速120キロと、新幹線車両としてはゆっくりと進む。乗り心地は抜群。やがて九州新幹線と分かれると、新幹線車両がずらりと並ぶJR西の博多総合車両所が見えてくる。所要時間は10分足らず。基地の一角にあるホームに到着。ここが博多南駅。片側1線しかないホーム、小さな駅舎。そこに新幹線車両が止まっている姿は、見慣れない者には変な感じだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 300円で気軽に新幹線 JR西日本の博多南線、基地への回送が旅客列車化 地元の市昇格に貢献
  • 300円で気軽に新幹線 JR西日本の博多南線、基地への回送が旅客列車化 地元の市昇格に貢献
  • 300円で気軽に新幹線 JR西日本の博多南線、基地への回送が旅客列車化 地元の市昇格に貢献
  • 300円で気軽に新幹線 JR西日本の博多南線、基地への回送が旅客列車化 地元の市昇格に貢献
  • 300円で気軽に新幹線 JR西日本の博多南線、基地への回送が旅客列車化 地元の市昇格に貢献

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング