産経WEST

元民放局員、女性乱暴疑いで逮捕 壁づたいに侵入、両手縛りタオルで目隠し…3件関与か 大阪府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


元民放局員、女性乱暴疑いで逮捕 壁づたいに侵入、両手縛りタオルで目隠し…3件関与か 大阪府警

 大阪市内の近接したマンションで、無施錠の玄関から男が侵入し、女性が乱暴される事件が数年前から相次ぎ、このうち1件に関与したとして、大阪府警が強制性交と住居侵入の疑いで、元民放テレビ局員の無職、岡部順一容疑者(55)を逮捕していたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。9月13日に逮捕され、すでに強制性交罪などで起訴された。大筋で容疑を認めているという。

自宅から数百メートル圏内で犯行?

 起訴状によると、岡部被告は7月中旬の未明から早朝にかけて、大阪市内のマンション6階の一室に無施錠の玄関から侵入。住人の当時20代女性に対し「静かにしていたら何もしない」などと言い、タオルで目隠しして両手を縛ったうえ、女性に性的暴行を加えたとされる。府警はこの事件の発生後に、女性を縛るために使われたとみられる布のようなものが、岡部被告宅のごみ集積場に捨てられていたのも確認している。

 逮捕容疑となった現場マンションでは、別の部屋でも女性が乱暴されそうになった強姦(ごうかん)未遂事件が起きているほか、近隣マンションでも女性の被害が確認されており、いずれも岡部被告の自宅から数百メートル圏内の場所に位置していた。

 この3件の事件は、いずれも鍵がかかっていない玄関から侵入し、就寝中の女性を襲っている点が共通しているという。府警は手口の特徴や防犯カメラ映像の分析から、岡部被告が一連の事件に関与した疑いが強いとみて捜査している。

続きを読む

「産経WEST」のランキング