産経WEST

【神戸製鋼データ改竄】他部門の不祥事は「人ごと」? 多角化・縦割りで反省共有されず

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【神戸製鋼データ改竄】
他部門の不祥事は「人ごと」? 多角化・縦割りで反省共有されず

神戸製鋼所東京本社=東京都品川区 神戸製鋼所東京本社=東京都品川区

 神戸製鋼所がグループ会社9社による不正を新たに公表したことで、関連会社を含むグループ全体への不信が広がっている。建設機械、プラント製造などへ多角化を推し進め、子会社200社以上を抱える神戸製鋼。しかし関連性の薄い事業が並ぶ縦割り構造が企業統治の機能不全を招き、不正の温床となってきた。

 「報道で知ってびっくりしている。うちにも影響がないか心配だ。しかし(不正の公表は)神戸製鋼本体のことなので分からない」

 ある有力グループ会社の幹部は、一連の不正について情報が共有されていないことに不安を募らせた。

 一方、不正が公表された別の子会社の幹部は「グループ内のほかの不正は、ちょっと想像できない」と語り、他の部門の情報を持っていないことを明かした。

 鉄鋼メーカーで国内3位の神戸製鋼は、業界の世界的再編や中国などとの競争激化が進む中、規模の劣勢を事業の多角化で補う「複合経営」に取り組んできた。主要事業は鉄鋼、アルミ・銅、建機、溶接、発電など7分野に及ぶ。同社によると、平成29年3月時点で子会社は213社、それ以外の関連会社も56社にのぼる。

 ただ、企業経営に詳しい青木英孝・中央大学教授は「グループが複雑、巨大化すると、不正も隠しやすい状況に陥る」と指摘する。

続きを読む

「産経WEST」のランキング