産経WEST

逮捕の男が女性殺害認める供述 呉の死体遺棄事件

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


逮捕の男が女性殺害認める供述 呉の死体遺棄事件

 広島県呉市の民家で女性の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で奈良県警に逮捕された飲食店店長、染井俊一容疑者(37)=広島県福山市=が、元同僚の田島友美さん(35)=奈良県斑鳩町=の殺害を認める供述をしていることが13日、分かった。県警は殺人容疑でも調べる。

 捜査関係者によると、11日に広島市内で発見された染井容疑者は、逮捕前の任意の事情聴取で「(田島さんの)遺体は呉市の親族方にある」などと説明。遺体は供述通りに見つかった。着衣の乱れなどはなかったという。

 県警によると、染井容疑者は2年前まで奈良県内の飲食店で約1年間、店長として勤務。田島さんは同店のパート従業員だった。その後、染井容疑者は広島に転勤したが今月4日午前、奈良県大和郡山市で田島さんと会い、5日未明に広島市内に戻っていた。

 田島さんの知人によると、田島さんは夫と子供2人、夫の両親の6人家族。子供とバドミントンをしたり登校時に見送ったりするなど子煩悩だったという。

 自宅近くの70代男性は「あいさつが丁寧でトラブルに巻き込まれる人ではない。事件を聞いて『まさか』と思った」。田島さんと同じ店で働くアルバイト女性は「田島さんは明るくていい人だった。染井容疑者は他人とあまり関わらないタイプで、少し変わった人だった」と話した。

「産経WEST」のランキング