産経WEST

無痛分娩、京都・京田辺の院長書類送検 業務上過失傷害容疑で京都府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


無痛分娩、京都・京田辺の院長書類送検 業務上過失傷害容疑で京都府警

 京都府京田辺市の産婦人科医院「ふるき産婦人科」で平成24年、出産時に麻酔で痛みを和らげる無痛分娩(ぶんべん)の際に母子が重度の障害を負った事故で、京都府警は13日、業務上過失傷害の疑いで男性院長を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。

 書類送検容疑は24年11月、無痛分娩を希望したロシア人の元大学准教授、エブセエバ・エレナさん(40)=京都市左京区=に、脊髄を保護する硬膜の外側(硬膜外腔)に腰から局所麻酔薬を注射する「硬膜外麻酔」の処置を行う際、注意義務を怠り麻酔の針を本来より深い位置にまで刺し、麻酔薬を過剰に投与したとしている。

 エレナさんは直後に容体が急変。救急搬送先の病院で帝王切開により長女、みゆきちゃん(4)を出産したが、2人とも重度の障害を負ったという。

 エレナさんの夫(55)らは今年8月、院長を府警に告訴。昨年12月には医院に約9億4千万円の損害賠償を求める訴訟を京都地裁に起こしている。

 無痛分娩をめぐっては各地で事故が相次いでおり、今月上旬には大阪府警が業務上過失致死容疑で大阪府和泉市の産婦人科医院の院長を書類送検した。

「産経WEST」のランキング