産経WEST

【大政奉還150周年】京都で「幕末サミット」会津や土佐、長州、薩摩…二条城宣言を発表

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大政奉還150周年】
京都で「幕末サミット」会津や土佐、長州、薩摩…二条城宣言を発表

 幕末の大政奉還から150年の節目を迎え、京都市で13日、ゆかりのある自治体の首長らが意見交換する「幕末サミット」が開かれ、各自治体が歴史に学び、交流を深めることが重要とする共同宣言「二条城宣言」を発表した。

 世界遺産・二条城(同市中京区)では慶応3(1867)年10月13日、15代将軍、徳川慶喜が諸大名を集め、朝廷に政権を返上する意向を表明した。

 サミットには京都市をはじめ、京都所司代をつとめた会津藩の福島県会津若松市や、土佐藩の高知市、長州藩の山口県萩市、薩摩藩の鹿児島市など20の自治体関係者が参加。歴史や文化を生かしたまちづくりについて意見を交わし、大阪市は大阪城で開催中の幕末・維新150年キャンペーンの取り組みを紹介した。

 門川大作京都市長は「幕末の先人は国を憂い、行動した。その思いを学び、未来につなげたい」とあいさつした。

「産経WEST」のランキング