産経WEST

【プロ野球】阪神CS初戦先発はメッセ有力「チームに勢いつける」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【プロ野球】
阪神CS初戦先発はメッセ有力「チームに勢いつける」

キャッチボールする阪神のランディ・メッセンジャー=甲子園球場(撮影・二星昭子) キャッチボールする阪神のランディ・メッセンジャー=甲子園球場(撮影・二星昭子)

 小雨が時折降る中、阪神は13日、甲子園球場で全体練習。就任2年目で初のCSに臨む金本監督は「選手の顔つきや動きを見ていると、ちゃんとモチベーションを上げてきている。何が何でも勝つ気でやってほしい。選手たちはやってくれるはず」とうなずいた。

 第1戦先発は明言こそ避けたが、右足骨折から復帰したメッセンジャーに託すことが有力だ。キャッチボールなど軽めの調整で登板に備えた右腕は「CSのために、すぐに手術した。ここで投げることをイメージしてきた」と気合十分。「(初戦は)チームに勢いをつけるために大切な試合」と力を込めた。

 リリーフ陣にはベンチも自信を持っているだけに、先発から「勝利の方程式」へバトンをつなげるかどうかが勝敗を大きく左右する。金本監督は「(先発には)六回までいってほしいね、やっぱり。3戦目までもつれると(リリーフが)3連投になるから」と話し、先発陣の踏ん張りに期待を寄せた。(丸山和郎)

「産経WEST」のランキング