産経WEST

米軍ヘリ不時着・炎上事故、同型機の運用停止は「期間定めずに」と防衛省

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


米軍ヘリ不時着・炎上事故、同型機の運用停止は「期間定めずに」と防衛省

 沖縄県東村高江の民間地で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属のCH53E大型輸送ヘリコプターが不時着、炎上した事故で、防衛省は13日、県内駐留の同型機を4日間、運用停止するとした在日米海兵隊の方針に対し「期間をあらかじめ定めずに原因と安全が確認されるまでの間の運用停止が必要」との見解を示した。

 防衛省沖縄防衛局が同日、在日米海兵隊の方針を伝える文書を発表。その中で同省の見解を示した。米軍の事故処理方針を巡り、米軍と防衛省の見解が食い違う異例の事態となった。米側の対応が焦点となる。

 小野寺五典防衛相は13日、在日米海兵隊の方針に対し「おざなりな(安全確認)調査がされることがないよう自衛隊の専門家が対応したい」と述べた。

「産経WEST」のランキング