産経WEST

自衛隊が沖縄の炎上米軍ヘリ事故現場入り、情報収集 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


自衛隊が沖縄の炎上米軍ヘリ事故現場入り、情報収集 

沖縄県東村に不時着し炎上した米軍ヘリの機体を前に、米軍関係者から説明を受ける自衛官(左から3人目)ら=13日午前 沖縄県東村に不時着し炎上した米軍ヘリの機体を前に、米軍関係者から説明を受ける自衛官(左から3人目)ら=13日午前

 沖縄県東村高江の民間地で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属のCH53E大型輸送ヘリコプターが不時着、炎上した事故で、防衛省が派遣した自衛隊ヘリのパイロットや整備士ら自衛官4人が13日、事故現場入りした。安倍晋三首相が、原因究明へ防衛省・自衛隊の知見を最大限活用するよう指示したことを受け、情報収集などを行うのが目的。

 自衛隊員らは午前9時ごろに現場に入り、機体周辺に設営されたテント内でホワイトボードに何かを書き込みながら米軍関係者とやりとりしていた。日米地位協定の関連文書では、米軍の同意がない場合は日本の当局に米軍の「財産」の捜索や差し押さえをする権利はないとされる。 CH53Eは11日夕、飛行中に出火し東村の米軍北部訓練場近くの牧草地に不時着した。在日米海兵隊を統括する第3海兵遠征軍のニコルソン司令官(在沖縄米軍トップを兼務)は12日朝、沖縄県内駐留の同型機について4日間の運用停止を命じた。

「産経WEST」のランキング