産経WEST

【旬スポーツ】C大阪の“勝利の女神”応援リポーターの池田愛恵里さん 「サポーター目線」を大事に…選手とともに走りきる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【旬スポーツ】
C大阪の“勝利の女神”応援リポーターの池田愛恵里さん 「サポーター目線」を大事に…選手とともに走りきる

 

 池田さんがC大阪のリポーターに就いたのは2013年。そこには、紆余曲折のシンデレラストーリーがあった。

甲子園球場のビールの売り子に

 滋賀県出身で、実家は農家。父親がプロ野球・阪神のファンで、小学生のころから阪神甲子園球場に応援に訪れていた。大学時代は甲子園のビールの売り子に奮闘。夏の高校野球で売り上げナンバーワンをマークして話題を集め、テレビ出演。芸能活動を始めるようになった。

 大学4回生だった12年の冬。「ゴラッソ! セレッソ」のオーディションの話が舞い込んできた。当時はサッカーにあまり詳しくなかったが、所属事務所から「めったにないチャンス」と勧められた。「いつかはスポーツの現場で働きたい」と抱いていた夢のため挑戦を決意した。

セレッソ大阪レポーターの池田愛恵里さん(恵守乾撮影)

 面接では「あなたの性格をポジションに例えてください」の質問に対し、とっさに「何事にも体を張るキーパーです」と返答。持ち前の度胸が奏功し、残り4人に絞られた最終審査へ。選手名鑑を読み込み、C大阪の試合動画を何度も見て、審査に臨み、見事に合格した。

 13年のシーズン開始に向け、関西テレビスポーツ局ディレクターの澤田淳司さんから、サッカーのいろはの講義を受けて猛勉強。同番組で初めての選手インタビューを経験した。

続きを読む

このニュースの写真

  • C大阪の“勝利の女神”応援リポーターの池田愛恵里さん 「サポーター目線」を大事に…選手とともに走りきる
  • C大阪の“勝利の女神”応援リポーターの池田愛恵里さん 「サポーター目線」を大事に…選手とともに走りきる
  • C大阪の“勝利の女神”応援リポーターの池田愛恵里さん 「サポーター目線」を大事に…選手とともに走りきる
  • C大阪の“勝利の女神”応援リポーターの池田愛恵里さん 「サポーター目線」を大事に…選手とともに走りきる
  • C大阪の“勝利の女神”応援リポーターの池田愛恵里さん 「サポーター目線」を大事に…選手とともに走りきる
  • C大阪の“勝利の女神”応援リポーターの池田愛恵里さん 「サポーター目線」を大事に…選手とともに走りきる
  • C大阪の“勝利の女神”応援リポーターの池田愛恵里さん 「サポーター目線」を大事に…選手とともに走りきる
  • C大阪の“勝利の女神”応援リポーターの池田愛恵里さん 「サポーター目線」を大事に…選手とともに走りきる

関連ニュース

「産経WEST」のランキング