産経WEST

「梅旧院光明殿」1・4億円脱税疑い ビル型納骨堂運営、女性社長ら3人逮捕 大阪地検特捜部

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「梅旧院光明殿」1・4億円脱税疑い ビル型納骨堂運営、女性社長ら3人逮捕 大阪地検特捜部

山口幸子容疑者(梅旧院光明殿ホームページから) 山口幸子容疑者(梅旧院光明殿ホームページから)

 架空の業務委託費を計上して法人税約1億4300万円を脱税したとして、大阪地検特捜部は12日、法人税法違反容疑で、ビル型納骨堂「梅旧院光明殿(ばいきゅういんこうみょうでん)」(大阪市浪速区)の運営会社「光明殿」(同区)社長、山口幸子容疑者(63)=兵庫県芦屋市=ら3人を逮捕し、大阪国税局と合同で同社や山口容疑者宅などを家宅捜索した。山口容疑者らは、ビル内に納骨壇や室内墓を設け、手軽で便利に供養ができるとしてテレビCMなどでPRしていたが、その主力事業で不正な経理操作が行われていたという。

 ほかに逮捕されたのは、同社の経理担当者、和井田寛重(ひろかず)(74)=奈良市=と業務委託先の会社社長、上月啓右(こうづき・けいすけ)(76)=大阪府豊中市=の両容疑者。特捜部は3人の認否を明らかにしていない。

 3人の逮捕容疑は、平成26年8月期までの4年間で、光明殿が手がける納骨堂運営に関する業務について、上月容疑者の会社に委託しているように装うなど架空の経費を計上する手口で、光明殿の法人所得計約5億2800万円を隠し、法人税の支払いを免れたとしている。

 関係者によると、同社はこの4年間で約23億8千万円の売上高を計上。実際の法人所得は約6億6700万円だったのに、業務委託費をでっち上げて経費を水増しし、不正に利益を圧縮するなどして、法人所得の約2割にすぎない約1億3800万円しか申告していなかったという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「梅旧院光明殿」1・4億円脱税疑い ビル型納骨堂運営、女性社長ら3人逮捕 大阪地検特捜部

「産経WEST」のランキング