産経WEST

鳥と衝突、ドローン墜落 国交省に「初報告」 福井の海上で8月

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


鳥と衝突、ドローン墜落 国交省に「初報告」 福井の海上で8月

 福井県おおい町で8月、小型無人機「ドローン」が鳥とぶつかり、墜落したことが12日、国土交通省への取材で分かった。ドローンのバードストライクが同省に報告されたのは初めて。

 国交省によると、8月20日正午ごろ、おおい町の海沿いの駐車場で個人の所有者が空撮のために飛ばした際に海上でトビとみられる鳥と衝突、海に落下した。けが人はいなかった。所有者が9月上旬に同省に報告した。

 このドローンはプロペラを除いた直径が約40センチ、重さ約1・3キロで、高さ約300メートルまで飛行できる性能があった。

 国交省はドローンによる事故があった場合は報告を求めているが、鳥との接触は連絡がないケースもあるとみられ、実際にバードストライクがどの程度の頻度で発生しているかは不明。同省の担当者は「今後の都市部での活用も見据え、対策を講じていかなければいけない」としている。

 政府は成長戦略で、ドローンによる荷物配送を、人手不足が深刻な山間部で平成30年、都市部でも2020年代中に本格化する目標を掲げている。

「産経WEST」のランキング