産経WEST

「先のことを考えている人を選びたい」兵庫・南あわじの高校生、衆院と市議の同日選の啓発CM制作 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「先のことを考えている人を選びたい」兵庫・南あわじの高校生、衆院と市議の同日選の啓発CM制作 

選挙啓発のメッセージを録音する県立淡路三原高校の放送部員 選挙啓発のメッセージを録音する県立淡路三原高校の放送部員

 22日投開票の衆院選と兵庫県南あわじ市議選の投票率アップに向け、県立淡路三原高校(南あわじ市市円行寺)の放送部が投票を啓発する音声CMを制作した。同市議選の告示(15日)後に同市内のショッピングセンターなどで放送される。

 1票の大切さを感じてもらうとともに、若年層の投票を促そうと同市選挙管理委員会と連携して計画。選管からの文案をもとに部員らがメッセージを練り、市内2カ所のショッピングセンター用と同市内の住宅に設置された受信機用、選管車両用の計3パターンを用意した。

 11日には投開票日に選管車両が市内を巡回して投票を呼びかける際に使用する音源の録音が同校で行われた。部員が原稿を見ながらマイクに向かって「みなさんの代表を決める大切な選挙です」「忘れずに投票しましょう」などのメッセージを読み上げた。

 録音に臨んだ2年の柏木美咲さん(17)は「投票日に放送される音声なので、何の選挙で何時まで投票できるかがしっかり伝わるように心掛けました」と振り返った。同部OBで今回が初めての投票となる3年、平瀬将大さん(18)は「自分たち若い世代が将来も暮らしていけるよう、先のことを考えている人を選びたい」と話していた。

「産経WEST」のランキング