産経WEST

駅伝シーズンの幕開け告げる出雲駅伝、街全体は駅伝一色

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


駅伝シーズンの幕開け告げる出雲駅伝、街全体は駅伝一色

出雲大社正面鳥居前を出発するランナーたち 出雲大社正面鳥居前を出発するランナーたち

 若いアスリートたちが島根県出雲市で激闘を展開した「第29回出雲全日本大学選抜駅伝競走」(日本学生陸上競技連合・同市主催、産経新聞社など後援)。1本のたすきをつないで秋の出雲路を力走した選手たちに、街全体が駅伝一色となってエールを送った。

 駅伝シーズンの幕開けを告げる出雲駅伝は「体育の日」の9日に開催。出発地点の出雲大社・正面鳥居前の神門通りでは、各大学のOB会や応援団、チアガール、ブラスバンドなどが応援合戦を繰り広げた。

 関西勢の一角・関西学院大は、2年連続7回目のエントリーながら前回は部員の不祥事で出場を自粛し、その前は台風のため中止となって実際に戦うのは4年ぶり。同窓会島根支部の田中充支部長は「上位に食い込んで」と力を込めた。

 学旗を手に声援を送ったのは、初出場を果たした岐阜経済大の校友会県支部員たち。「支部発足が大会前日だったんです」と秦野郁司支部長。県内外からOBが集い、「出雲路を力強く走れ!」と激励した。

 レースでは、山陰出身選手も健闘。立命館大の第2走者を務めた村武慎平選手(石見智翠館高出身)は、区間8位の力走で順位を1つアップ。広島経済大の第4走者、山本啓輔選手(松江商高出身)とアンカーの堀尾和弥選手(鳥取中央育英高出身)は、2つ順位を上げる活躍を見せた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 駅伝シーズンの幕開け告げる出雲駅伝、街全体は駅伝一色
  • 駅伝シーズンの幕開け告げる出雲駅伝、街全体は駅伝一色
  • 駅伝シーズンの幕開け告げる出雲駅伝、街全体は駅伝一色
  • 駅伝シーズンの幕開け告げる出雲駅伝、街全体は駅伝一色
  • 駅伝シーズンの幕開け告げる出雲駅伝、街全体は駅伝一色
  • 駅伝シーズンの幕開け告げる出雲駅伝、街全体は駅伝一色

「産経WEST」のランキング