産経WEST

ハバネロたれのまぜ麺、唐辛子たっぷりのカレーパン…地獄絵図のような激辛グルメ、京都の特別展と商店街コラボ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ハバネロたれのまぜ麺、唐辛子たっぷりのカレーパン…地獄絵図のような激辛グルメ、京都の特別展と商店街コラボ

「激辛地獄への挑戦」のメニュー「地獄への片道切符 激辛まぜ麺」 「激辛地獄への挑戦」のメニュー「地獄への片道切符 激辛まぜ麺」

 龍谷大学龍谷ミュージアム(京都市下京区)で開催中の地獄絵などを集めた特別展「地獄絵ワンダーランド」と、激辛グルメで有名な京都向日市激辛商店街(向日市)がコラボレーション企画「激辛地獄への挑戦」を行っている。本当に地獄絵図のような辛さなのか-。記者が実際に食べてみた。(南里咲)

 炎が燃えさかり熱いイメージの「地獄」と、辛いものを食べたときの感覚が似ていることがコラボのきっかけ。商店街にある協力店舗12店で激辛メニューに挑戦した人に、特別展の割引券や招待券をプレゼントしている。

 最初に訪れたのは中華の「●(=王へんに民)●(=王へんに民)向日町店」。「地獄の片道切符 激辛まぜ麺」を注文したが、店員さんが「かなり辛いですが、辛いものは好きなんですか」と心配そうに聞いてきたため、急に不安になる。

 たれにはハバネロとデスソースが入っており、とびきり辛い味に仕上がっているとの説明。恐る恐るキャベツをつまんで口に入れる。「思っていたより辛くない。いけるかも」と思い、そのまま箸を進める。

 が、水を飲もうとした途端、猛烈な辛さが舌を襲った。今までに経験したことのない刺激が口中に広がり、思わず涙が出てくる。

続きを読む

このニュースの写真

  • ハバネロたれのまぜ麺、唐辛子たっぷりのカレーパン…地獄絵図のような激辛グルメ、京都の特別展と商店街コラボ

「産経WEST」のランキング