産経WEST

福井大病院、看護師を解雇 患者の財布から金抜き取る

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


福井大病院、看護師を解雇 患者の財布から金抜き取る

 福井大病院は11日、女性患者の財布から現金を抜き取り、謝罪の電話をかけるために電子カルテで患者の連絡先を調べたとして、同病院の40代の女性看護師を懲戒解雇処分にした。患者から被害届を受けた福井署が捜査している。

 病院によると、看護師は8月27日午後5時半ごろ、外来で診療中の30代の女性患者がベッドの下に置いていたかばんの中の財布から、現金8万9千円を抜き取ったとされる。さらに同日夜、電子カルテで女性の携帯電話番号を調べ、電話して謝罪したという。

 女性は帰宅後、看護師から電話がある前に現金がなくなっていることに気付き、病院に相談。翌28日に上司が看護師に確認すると「つい手が出てしまった」と認めた。同日、病院側が女性に謝罪し被害金を返済した。

 腰地孝昭病院長は「医療に携わる者としてあるまじき行為。被害者や県民の皆さまにおわび申し上げる」とのコメントを出した。

「産経WEST」のランキング