産経WEST

女児死体遺棄で男起訴 傷害致死は処分保留、三重

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


女児死体遺棄で男起訴 傷害致死は処分保留、三重

 三重県四日市市で8月、アパート駐車場に止めた乗用車内に女児の遺体が遺棄された事件で、津地検四日市支部は11日、死体遺棄の罪で、ペルー人の無職、トクダ・バレロ・フェルナンド・ホセ容疑者(36)を起訴した。

 県警は、女児の頭を殴るなどして死亡させたとして、傷害致死の疑いで同被告を再逮捕していたが、地検は「捜査を継続する必要があると判断した」として、同容疑は処分保留とした。

 起訴状によると、8月20日ごろから29日ごろまでの間に、四日市市の自宅アパートで、同居するブラジル人女性(26)の次女ナガトシ・ビアンカ・アユミちゃん=当時(6)=の遺体をタオルケットなどで包み、クーラーボックスに入れて乗用車内に遺棄したとしている。

「産経WEST」のランキング