産経WEST

福岡発砲事件で7人目逮捕 組幹部の男、殺人未遂疑い

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


福岡発砲事件で7人目逮捕 組幹部の男、殺人未遂疑い

 福岡市博多区の繁華街で7月に起きた発砲事件で、福岡県警は11日、殺人未遂などの疑いで指定暴力団浪川会系組幹部の中山英樹容疑者(54)を新たに逮捕した。指定暴力団道仁会系組幹部の男ら6人が同じ容疑などで逮捕され、うち4人が同罪や同ほう助罪などで起訴されている。

 県警によると、中山容疑者は11日に博多署に出頭した。県警はほかに暴力団組員1人が関与しているとみて、行方を追っている。

 逮捕容疑は7月27日午後11時25分ごろ、博多区上川端町の路上で暴力団関係者の男性(41)に拳銃2発を発射し、殺害しようとした疑い。うち1発が男性の上着を貫通したが、けがはなかった。

「産経WEST」のランキング