産経WEST

先斗町に新名物、天ぷらパブ「勝天」 あの牛カツ「京都勝牛」の新業態

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


先斗町に新名物、天ぷらパブ「勝天」 あの牛カツ「京都勝牛」の新業態

ゴリップの新業態店「勝天」の名物メニュー「勝天串」(左)や「黒毛和牛サーロインの天ぷら」(右下)=京都市中京区(西川博明撮影) ゴリップの新業態店「勝天」の名物メニュー「勝天串」(左)や「黒毛和牛サーロインの天ぷら」(右下)=京都市中京区(西川博明撮影)

 牛カツ専門店「京都勝牛」など外食チェーンを展開するゴリップ(京都市下京区)は、京都・先斗町に新業態の天ぷらパブ「勝天」をオープンした。

 牛肉を天ぷらにした「勝天串」や「黒毛和牛サーロインの天ぷら」が名物メニューで、お酒と一緒に天ぷら料理を楽しんでもらう狙いがある。国内外の観光客の来店を想定し、月1500万円の売り上げを見込む。

 同社は「勝天」の出店戦略について「大量出店は考えていない。京都で数店舗のほか、海外での出店を考えている」としている。

「産経WEST」のランキング