産経WEST

神戸系会長暴行死で山口組系幹部ら4人に有罪 「会長の挑発が原因だが、集団で一方的に暴行、危険な犯行」 和歌山地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


神戸系会長暴行死で山口組系幹部ら4人に有罪 「会長の挑発が原因だが、集団で一方的に暴行、危険な犯行」 和歌山地裁

 和歌山市で昨年10月、当時の指定暴力団神戸山口組系紀州連合会の会長だった男性を暴行して死亡させたとして、傷害致死などの罪に問われた指定暴力団山口組系の組幹部鈴木充被告(55)=同市=ら4人の裁判員裁判で、和歌山地裁(武田正裁判長)は11日、懲役8年6月~同7年の判決を言い渡した。求刑は鈴木被告を含む3人が懲役10年、ほか1人は懲役8年だった。

 事件では他にも同じ組の幹部を含む4人が同罪などで起訴されている。

 武田裁判長は判決理由で「被告らは、被害者が対立関係にある暴力団の会長だと認識し、暴行の意思を通じ合わせていた」と共謀を認定。「事件は会長の執拗な挑発が原因で、突発的に発生した」としたが「集団で取り囲み、一方的に頭部を蹴るなど危険な犯行だ」と指摘した。

 判決によると、8人は共謀し昨年10月9日午前1時ごろ、被告らの組と関係する和歌山市内の飲食店で騒いでいた当時の紀州連合会会長を路上に連れ出し、頭部付近を複数回蹴るなどして死亡させた。会長の知人にも暴行を加えた。

「産経WEST」のランキング