産経WEST

【浪速風】「一瞬の信用失墜」を学ばなかったのか 神鋼、日産…「ものづくり日本」どうした?(10月11日)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【浪速風】
「一瞬の信用失墜」を学ばなかったのか 神鋼、日産…「ものづくり日本」どうした?(10月11日)

アルミ製品の一部で性能データを改ざんした問題について、謝罪する神戸製鋼所の梅原尚人副社長(中央)ら=8日午後、東京都港区 アルミ製品の一部で性能データを改ざんした問題について、謝罪する神戸製鋼所の梅原尚人副社長(中央)ら=8日午後、東京都港区

 これまで何度も引用した。「信用を獲得するには長い年月を要し、これを失墜するのは一瞬である。そして信用は金銭では買えない」。昭和30年、食中毒事件を起こした雪印乳業の社長が、工場の従業員に涙ながらに訓示した言葉である。経営者なら誰もが肝に銘じているはずだ。

 ▼神戸製鋼所がアルミ製品の強度などの性能データを改竄(かいざん)していた。10年以上も前からの不正という。製品は国産ジェット機や新幹線、宇宙ロケットにも使われ、なかでも影響が大きいのは自動車各社に納入されていたことだ。安全性に関わるなら大規模なリコール(回収・無償修理)につながる。

 ▼先に日産自動車が完成車を無資格者に検査させ、116万台のリコールを届け出た。品質管理を誇った「ものづくり日本」がどうしたことか。ドイツの鉄血宰相ビスマルクは「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」と言った。補足すると、歴史とは「他人の経験」である。賢者はいないのか。

「産経WEST」のランキング