産経WEST

【神戸製鋼データ改竄】ダイキンはエアコン、JR西は新幹線「N700A」でアルミ使用 阪急、パナ、関電も…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【神戸製鋼データ改竄】
ダイキンはエアコン、JR西は新幹線「N700A」でアルミ使用 阪急、パナ、関電も…

 神戸製鋼所のアルミ製品の性能データ改竄を受け、関西の運輸関連企業や機械メーカーなども10日、使用状況の確認に追われた。ダイキン工業は、生産されているエアコンの一部機種に性能データを改竄したアルミや銅製品が使われていたことを明らかにした。また、改竄された製品を新幹線に使っていたJR西日本は「安全は確認しているが、準備でき次第、取り換えを行う」と説明した。

 ダイキンは、エアコンの熱交換器の主な材料であるアルミ調達先の1つが神戸製鋼製。一部機種に性能データを改竄した部材が使われていた。販売したエアコンはすべて出荷前検査を通過しているという。

 パナソニックも神戸製鋼製のアルミ製品を購入しているが、数量やデータ改竄の有無については確認中という。

 一方、JR西は、平成27年以降に導入した新幹線「N700A」の車体の計7編成で、車体下部の台車の部品に神戸製鋼所製のアルミを採用。車両メーカー側で強度を確認しており、安全面での問題はないとしているが、広報担当者は「当該部品が検査や修繕の過程で別の車両に取り付けられている可能性もある」とし、正規品が準備できれば取り換えるという。

 また、阪急電鉄など関西の大手私鉄各社でも、問題のアルミ製材が使用されているかどうか、車両の仕入れ先メーカーなどへの聞き取りをしている。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング