産経WEST

新燃岳6年ぶり噴火 警戒レベル2(火口周辺規制)→3(入山規制)…9月から活動活発に 宮崎・鹿児島

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


新燃岳6年ぶり噴火 警戒レベル2(火口周辺規制)→3(入山規制)…9月から活動活発に 宮崎・鹿児島

気象庁のカメラが撮影した噴火直後の新燃岳=11日午前5時34分(福岡管区気象台提供) 気象庁のカメラが撮影した噴火直後の新燃岳=11日午前5時34分(福岡管区気象台提供)

 11日午前5時34分ごろ、宮崎、鹿児島県境にある霧島連山の新燃岳が噴火した。噴火は2011年9月7日以来、約6年ぶり。気象庁は噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。 今年9月下旬から火山性地震が増加、10月に入ってからは火山性微動も観測されるなど火山活動が活発化しており、気象庁は5日に噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2に引き上げていた。

 気象庁によると、噴煙は火口縁上の約300メートルまで上昇した。火口から約2キロの範囲では噴火による噴石の飛散や火砕流の恐れがあるとして、噴火警戒レベルを3に引き上げた。宮崎県高原町などでごくわずかの降灰が確認された。宮崎、鹿児島両県警などによると、けが人を含めた被害の情報は入っていない。鹿児島、宮崎両地方気象台は11日、現地に職員を派遣し、詳しい状況を確認する。

 新燃岳では10月に入って、火山性地震が1日100回を超えた日もあり、地下でマグマや熱水が移動して起こるとされる火山性微動も同月9日以降、複数回観測された。

 気象庁は地元自治体の立ち入り規制に従うよう注意を呼び掛けている。

 新燃岳は平成23年1月から噴火を繰り返し、一時は噴火警戒レベルが3(入山規制)まで引き上げられた。

このニュースの写真

  • 新燃岳6年ぶり噴火 警戒レベル2(火口周辺規制)→3(入山規制)…9月から活動活発に 宮崎・鹿児島

「産経WEST」のランキング