産経WEST

【衝撃事件の核心】ホーム下に転落、電車到着目前! 乗客による電光石火「救出劇」を成功させた偶然の奇跡

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
ホーム下に転落、電車到着目前! 乗客による電光石火「救出劇」を成功させた偶然の奇跡

京都市営地下鉄烏丸線の北大路駅ホームであった視覚障害者転落事故の救出活動イメージ 京都市営地下鉄烏丸線の北大路駅ホームであった視覚障害者転落事故の救出活動イメージ

 「次に到着する電車のライトが見えなかったのでいけると思ったし、最悪ホームに上がれなくても、ホーム下のスペースに隠れれば助かると思っていた」

友人が待ち合わせに遅れ「運命的」

 伊藤さんが線路に下りると、男性は青ざめた様子だった。すぐに抱え上げると、ホーム上にいた複数の乗客とともに助け出した。この間、約30秒。駅の防犯カメラ映像を確認した京都府警北署幹部も「1人飛び降りて救助する姿に感動した」と話す。

 会社員として高所でのビルのガラス清掃の仕事をこなす傍ら、京都・嵐山で人力車を引く車夫の仕事もしているという伊藤さん。ヨガも趣味だといい、体を使うことは得意で、「足のバネを使って男性を持ち上げられたし、自分も線路からホームにすぐ上れた」と振り返る。

 救出された男性は左腕や背中の打撲などで軽傷。伊藤さんの友人が「もう大丈夫ですよ」などと声をかけて男性をリラックスさせ、居合わせた看護師も介抱したりしたという。

 実はこの日、友人が待ち合わせに遅れてきたため、乗ろうと思っていた電車を1本遅らせていた。この偶然がなければ、もしかしたら-。伊藤さんは「運命的なものがあったのかもしれない」と話した。

 伊藤さんには後日、北署と市交通局、北消防署から感謝状が贈られた。

視覚障害者の転落事故、年間69件

 転落した男性は、この日は普段持ち歩いているつえではなく傘をつえ代わりにして歩いていたといい、北署に対し「方向感覚がなくなって落ちてしまった」と話した。

続きを読む

このニュースの写真

  • ホーム下に転落、電車到着目前! 乗客による電光石火「救出劇」を成功させた偶然の奇跡

関連トピックス

「産経WEST」のランキング