産経WEST

【森友学園再生計画案】籠池町浪理事長「再生努める」 元保護者は批判

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【森友学園再生計画案】
籠池町浪理事長「再生努める」 元保護者は批判

再生計画案を発表する「森友学園」の籠池町浪理事長(左)=10日午後、大阪市の大阪司法記者クラブ 再生計画案を発表する「森友学園」の籠池町浪理事長(左)=10日午後、大阪市の大阪司法記者クラブ

 大阪地裁に再生計画案を提出した森友学園の籠池町浪理事長は10日、大阪市内で開いた記者会見で「どんなことがあっても園児が巣立っていけるよう再生に努める」と、学園の存続に強い意欲を示した。ただ補助金詐取事件で町浪氏の父泰典被告(64)らが起訴されており、元保護者からは「信用できない」と批判の声が上がった。

 緊張した面持ちの町浪氏は「債権者の皆さん、保護者のお力添えを頂きここまで来た」と感謝の言葉を口にし、自身の報酬をカットする方針も明らかにした。

 学園側から嫌がらせを受けたとして訴訟を起こし、和解した元園児の保護者は「学園からの謝罪はいまだにない。補助金不正についても説明しておらず、再生すると言っても信じられない」と話した。

 債権者の一人は「(泰典被告の)長女が運営しても、園児は集まらないのではないか」と疑念を示した。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング