産経WEST

飼い犬からマダニ感染症 国内初、徳島の40代男性

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


飼い犬からマダニ感染症 国内初、徳島の40代男性

 徳島県は10日、マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」に県内の40代男性が飼い犬から感染したと発表した。県によると、犬からの感染確認は国内初。男性と犬は回復している。

 6月初旬、飼い犬が体調不良となり、動物病院を受診。検査を経て、同下旬にSFTSと診断された。男性も6月中旬、体調不良となっていた。飼い犬の診断結果を受けて、男性の検体を調べた結果、飼い犬から感染していたことが9月下旬に判明した。

「産経WEST」のランキング