産経WEST

【ビジネスの裏側】狙いは「イコカ」の普及 人気の「昼特」廃止してまで JR西、ポイントサービス導入

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
狙いは「イコカ」の普及 人気の「昼特」廃止してまで JR西、ポイントサービス導入

JR西日本の新快速。昼特キップを使用すれば、安く速く移動できる JR西日本の新快速。昼特キップを使用すれば、安く速く移動できる

 お得な乗車券として関西で30年以上親しまれてきたJR西日本の「昼間特割きっぷ」が来年9月末で発売が終了する。交通系ICカード「ICOCA(イコカ)」の利用を促すためで、新たにイコカには利用に応じたポイントサービスを導入するが、買い物客やビジネスマンから絶大な支持を受けていた「昼特きっぷ」の廃止を惜しむ声も出ている。(阿部佐知子)

 私鉄との競合で登場

 午前9時50分ごろのJR芦屋駅。2階改札付近の券売機やコンビニエンスストアの前には続々と人が集まり始める。午前10時少し前に「ただいまの時間より、昼間特割きっぷがご利用いただけます」と場内アナウンスがあると、集まった人々は次々と自動改札機に切符を投入し、ホームへと足早に向かった。平日午前の同駅の日常風景だ。

 人々が手にしていた昼特きっぷは、通勤通学のラッシュと重ならない平日の午前10時から17時までと土曜休日に、割安に利用できる6枚つづりの回数券。芦屋から大阪に向かう場合、普通運賃は300円だが、昼特きっぷは6枚で1200円。1枚あたり200円で、3分の2の値段だ。

 登場は国鉄時代の昭和58年にさかのぼる。京阪神間で競合する阪急、阪神などの私鉄に運賃で対抗するために生まれた。期間限定商品という位置づけだったが、延長をしながら継続して売られていた。

 発売区間やセット枚数、価格はこの間見直されてきたものの、他社の回数券などと比較しても割引率が高いのが特徴。大阪-京都は普通運賃では560円だが、昼特きっぷでは1枚あたり350円。大阪-北伊丹(普通運賃320円)は1枚あたり170円で、割引率は46・9%にもなる。金券ショップでも人気商品となっている。

 東は9割、西は7割

 芦屋市に住む60代の主婦は「最寄りは阪急の駅だが、昼特きっぷがあるので大阪での習い事にはJRを利用して通っている。無くなったらどうするか分からない」と話す。

続きを読む

「産経WEST」のランキング