産経WEST

危機一髪救った53歳女性「無我夢中だった」 バス運転手意識不明

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


危機一髪救った53歳女性「無我夢中だった」 バス運転手意識不明

 兵庫県明石市大久保町福田の国道2号で8日午後、神姫バスの路線バスが走行中、男性運転手(52)が意識を失い、乗客の女性(53)のとっさの機転で大惨事を免れた事故で、この女性は「ハンドルを握って無我夢中だった」と話していることが分かった。

 兵庫県警明石署などによると、事故は8日午後0時50分ごろ発生。バスが交差点を走行中、運転手が突然、シートベルトを締めたまま左側に倒れ込んだため、近くにいた女性がとっさにハンドルを操作。約100メートル先の停留所近くの縁石にバスを乗り上げさせ、停車させたという。

 運転手は心肺停止状態だったが、救命処置で蘇(そ)生(せい)し、意識不明のまま病院に搬送された。女性も腰を打って軽傷を負った。ほかの乗客6人にけがはなかった。

「産経WEST」のランキング