産経WEST

【華麗なる宝塚】“人間に生まれた天使”明日海りお主演「ハンナのお花屋さん」 花に囲まれ、扱い、セリフで話す瞬間「すごく幸せ」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【華麗なる宝塚】
“人間に生まれた天使”明日海りお主演「ハンナのお花屋さん」 花に囲まれ、扱い、セリフで話す瞬間「すごく幸せ」

インタビューに答える花組トップ・明日海りお=兵庫県宝塚市(前川純一郎撮影) インタビューに答える花組トップ・明日海りお=兵庫県宝塚市(前川純一郎撮影)

 宝塚歌劇団花組トップスター、明日海(あすみ)りお主演ミュージカル「ハンナのお花屋さん-Hanna’s Florist-」(作・演出、植田景子氏)が10月9日~29日、東京・TBS赤坂ACTシアターで上演される。幸せのあり方をテーマにした物語。明日海が作品と、自身や組を語った。(橋本奈実)

男役、舞台人として何を突き詰めるかを考えている時期 役とリンクする

 人間に生まれた天使かと思うほど無垢でまっすぐ。花組トップとなって丸3年。まとう穏やかな空気は、ずっと変わらない。「舞台に立っているとき以外はゆったりしているんだね、とよく言われます(笑)。でも普段も舞台のことはキリキリしながらやっていますよ」。やはり穏やかにほほ笑んだ。

 主演舞台「ハンナのお花屋さん-」は、ロンドンで生花店を営むデンマーク人のクリス(明日海)が仕事の好機を得たことから本当の幸せを見つめ直す姿を描く。クロアチア人のミア(仙名彩世=せんな・あやせ)との出会いを通して、戦争の爪痕や移民問題などもにじませる。

 「今、原点に戻って、男役、舞台人として何を突き詰めるかを見つめ直している時期なので。役とリンクします」と明日海。

 現代の設定で、衣装はシンプルであるため、「男役のしぐさや動きが浮き彫りになる。これまで培ってきたものを生かし、心から役として存在したいです」。

無類の花好き 公演前は生花店で修業も

 主人公はフラワー・アーティスト。自身も無類の花好きで、「お花に囲まれ、お花を扱いながら動き、お花のことをセリフでしゃべる瞬間、すごく幸せです」と笑顔を見せる。

続きを読む

このニュースの写真

  • “人間に生まれた天使”明日海りお主演「ハンナのお花屋さん」 花に囲まれ、扱い、セリフで話す瞬間「すごく幸せ」
  • “人間に生まれた天使”明日海りお主演「ハンナのお花屋さん」 花に囲まれ、扱い、セリフで話す瞬間「すごく幸せ」
  • “人間に生まれた天使”明日海りお主演「ハンナのお花屋さん」 花に囲まれ、扱い、セリフで話す瞬間「すごく幸せ」
  • “人間に生まれた天使”明日海りお主演「ハンナのお花屋さん」 花に囲まれ、扱い、セリフで話す瞬間「すごく幸せ」

「産経WEST」のランキング