産経WEST

特別天然記念物のコウノトリ2羽放鳥 福井

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


特別天然記念物のコウノトリ2羽放鳥 福井

 放鳥された国の特別天然記念物コウノトリ=8日、福井県越前市  放鳥された国の特別天然記念物コウノトリ=8日、福井県越前市

  福井県は8日、同県越前市の飼育施設で育った国の特別天然記念物コウノトリの雄2羽を放鳥した。関係者や地元の子どもたちが見守る中、ケージのふたが開けられると、2羽は力強く大空に羽ばたいていった。

 県によると、2羽は兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)から譲り受けた卵から5月にふ化した。越前市の施設が飼育するつがいの卵が無精卵だったため、有精卵をもらい育てさせていた。

 卵の親は1971年に越前市(旧武生市)で保護され、住民らに愛された「武生」の娘「紫」。

 福井県での放鳥は2015年に始まり、今年で3回目。コウノトリの郷公園によると、今回の2羽を含め現在125羽が野外で生息し、全国で飛来が確認されている。 福井県が愛称を募り、2羽はそれぞれ「かける」「ほまれ」と名付けられた。ほまれと応募したうちの1人で福井市の小学4年鶴谷百恵さん(9)は「みんなの人気者になって(飛来先の)どこででも温かく迎えられてほしい」と話した。

「産経WEST」のランキング