産経WEST

三つ子のライオン赤ちゃん公開 抱っこイベントも 白浜アドベンチャーワールド

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


三つ子のライオン赤ちゃん公開 抱っこイベントも 白浜アドベンチャーワールド

ほ乳瓶でミルクを飲む三つ子のラインの赤ちゃん=和歌山県白浜町 ほ乳瓶でミルクを飲む三つ子のラインの赤ちゃん=和歌山県白浜町

 白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で7日、同施設で9月20日に生まれた三つ子のライオンの赤ちゃん(いずれも雄)の一般公開が始まった。赤ちゃんをだっこすることができる「Hello!ライオンベイビー」が12日から11月5日まで開催される。

 同施設で3年半ぶりに誕生した赤ちゃんは、誕生時いずれも体長約35センチ、体重約1・2キロだったが7日現在、45センチ、3キロ近くまで成長した。母親(3歳)の母乳が少ないため、人工保育に切り替えて飼育スタッフが授乳。足もとはおぼつかないものの、うっすらと目も見え始め順調に育っているという。

 「Hello!ライオンベイビー」は毎日午後2時から1時間。Web予約のみで、1組(5人まで)千円。同施設ホームページのWebチケットストアでチケットを購入する。1日40組限定。また、バスケットに入ったライオンの赤ちゃんとの記念撮影もできる。先着90組で無料。

このニュースの写真

  • 三つ子のライオン赤ちゃん公開 抱っこイベントも 白浜アドベンチャーワールド

「産経WEST」のランキング