産経WEST

【サッカー日本代表】世代交代筆頭格、G大阪の井手口「しっかり生き残る」 ロシアへ…W杯は夢の場所

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【サッカー日本代表】
世代交代筆頭格、G大阪の井手口「しっかり生き残る」 ロシアへ…W杯は夢の場所

日本代表の公式練習に臨む(左から)井手口、乾、武藤、山口(中井誠撮影) 日本代表の公式練習に臨む(左から)井手口、乾、武藤、山口(中井誠撮影)

 ロシア行きを決めた8月のW杯アジア最終予選オーストラリア戦でゴールを決め、「ニューヒーロー」に名乗りを上げた井手口。中盤での出場が予想される5日の国際親善試合ニュージーランド戦(愛知・豊田スタジアム)に向け、「合宿を通して成長した姿をみせる。チームの勝利に貢献したい」と意気込んだ。

 昨年のリオデジャネイロ五輪出場の若手として代表の「世代交代」の象徴となり、注目度は一気に高まった。

 それでも、浮かれる様子はない。

 「小さいころからの夢の場所」であるW杯。しかし、現状のレベルでは、メンバー入りが約束されているものではないことも分かっている。

 W杯最終予選を通じて、攻守切り替えのスピードの必要性を痛感。G大阪での練習にも熱が入り、相手のボールを奪いに行く球際の強さに磨きをかける日々だ。

 オーストラリア戦で繰り出したミドルシュートのように、豪快な一発を武器に持つ21歳の逸材。世界のひのき舞台への挑戦のためにも代表メンバー定着を見据え、「しっかりと結果を残し、生き残るためにアピールしたい」と誓いを立てた。(吉原知也)

    ◇

 サッカー日本代表は6日、愛知・豊田スタジアムで行われる国際親善試合でニュージーランド代表と対戦する。

 出場を決めたワールドカップ(W杯)ロシア大会のアジア予選終了後、初めて臨む試合。練習の冒頭では大迫(ケルン)や吉田(サウサンプトン)らが体を温め、その後は非公開として戦術を確認した。

 日本は国際サッカー連盟(FIFA)ランキング40位で、11月に南米5位との大陸間プレーオフを控えるニュージーランドは同113位。過去の対戦成績は2勝2敗。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング