産経WEST

初体験「新垣結衣」が吉本新喜劇の舞台に降臨…女優魂で関西弁も披露、「藍ちゃん」とコラボ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


初体験「新垣結衣」が吉本新喜劇の舞台に降臨…女優魂で関西弁も披露、「藍ちゃん」とコラボ

新喜劇サプライズ出演で騒然の客席にガッキースマイルをみせた新垣結衣。左は瑛太(大阪市北区、撮影・森田達也) 新喜劇サプライズ出演で騒然の客席にガッキースマイルをみせた新垣結衣。左は瑛太(大阪市北区、撮影・森田達也)

 女優、新垣結衣(29)が4日、大阪市北区のよしもと西梅田劇場で行われた吉本新喜劇に俳優、瑛太(34)とともにサプライズ出演した。主演映画「ミックス。」(石川淳一監督、21日公開)のPRで新喜劇初の女性座長、酒井藍(31)とコラボ。ガッキーにとっては舞台初体験で、セリフを関西弁にするアドリブも披露し、「一生の思い出にしようと思う」とスマイル満開だった。(サンケイスポーツ)

 「結衣ちゃん、瑛ちゃ~ん。こっちやで~」と藍ちゃんに呼び込まれる形で、“うめだ花月”の舞台にガッキーと瑛太が突然登場!

 群馬県から修学旅行で来ていた超ラッキーな高校生たちも含む約700人の歓声、悲鳴、どよめき、拍手は約40秒も鳴り止まなかった。

 新喜劇の舞台は温泉旅館。卓球の元天才少女(新垣)が落ちぶれた元ボクサー(瑛太)と混合ダブルスで全日本選手権出場を目指す映画にちなみ、従業員の藍ちゃんが旅館に卓球台の設置を提案し、そのコーチとして2人を招く設定だ。

 「めっちゃ仲エェで。風呂とかも3人一緒に入るし」と豪語する藍ちゃんの提案で、卓球の腕前を披露することに。ラケットはあるけれど…。そこで瑛太が一発。「いやいや。卓球やるのにボールがないですやん」。

 若き実力派らしからぬ棒読みのアドリブ関西弁に爆笑の客席。これでガッキーの女優魂にも火がついた。

 「ボール忘れたなぁ」と悔いる藍ちゃんを押し出しながらガッキーも、「ボールありますやん、ここに」とセリフを関西弁に変えて笑わせた。

 「そうそうそう…。おっきいボールでしょ~。私、人間ですねん」と藍ちゃん。普段なら巨腹で突き飛ばすところだが、「近くで見たけど、むっちゃかわいい」とガッキーと見つめ合った。

ガッキー“初体験”喜んで、ついポロリ…

このニュースの写真

  • 初体験「新垣結衣」が吉本新喜劇の舞台に降臨…女優魂で関西弁も披露、「藍ちゃん」とコラボ
  • 初体験「新垣結衣」が吉本新喜劇の舞台に降臨…女優魂で関西弁も披露、「藍ちゃん」とコラボ

関連ニュース

「産経WEST」のランキング