産経WEST

【神戸「正論」懇話会】「サイバー戦、日本は2流」「国の威信保て」 米田壮・元警察庁長官が講演

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【神戸「正論」懇話会】
「サイバー戦、日本は2流」「国の威信保て」 米田壮・元警察庁長官が講演

講演する元警察庁長官の米田壮氏=4日午後、神戸市中央区(水島啓輔撮影) 講演する元警察庁長官の米田壮氏=4日午後、神戸市中央区(水島啓輔撮影)

 神戸「正論」懇話会の第2回講演会が4日、神戸市中央区の神戸ポートピアホテルで開かれた。元警察庁長官で神戸市顧問の米田(よねだ)壮(つよし)氏が「サイバー攻撃の脅威-日本は対抗できるのか?」と題して講演し、「サイバー戦になると日本は2流だ」と警鐘を鳴らした。

 米田氏は企業情報が盗まれた事例のほか、サイバー攻撃でイランの核施設の遠心分離器が破壊されたケースなどを挙げ、「サイバー攻撃は安全保障の問題」と強調。日本は反撃するにしても、米中露などと比較して攻撃者を特定する能力が不足していると訴えた。

 個人や企業が「自衛するレベルを高める」ことが重要だとする一方、政府も2020年東京五輪などに向け「急ピッチでサイバー防衛を強化しつつある」と指摘。「最大限のリソース(資源・資産)を投じて、国の威信を保ってもらいたい」と述べた。

「産経WEST」のランキング