産経WEST

【衝撃事件の核心】禁断の「援助交際」出産 別の男性と築いた家庭はDNA鑑定で暗転した

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
禁断の「援助交際」出産 別の男性と築いた家庭はDNA鑑定で暗転した

愛する夫とかわいい子供。ある女性が築いた幸せな家庭は、長男の父親がかつての「援助交際」相手の男性であることがDNA鑑定で判明した。親子関係の確認を求めて男性が訴訟を提起し、女性のささやかな日常は暗転した 愛する夫とかわいい子供。ある女性が築いた幸せな家庭は、長男の父親がかつての「援助交際」相手の男性であることがDNA鑑定で判明した。親子関係の確認を求めて男性が訴訟を提起し、女性のささやかな日常は暗転した

家族の行方

 迎えた判決。親子関係については婚姻中の「嫡出推定」にのっとり、井上さんの訴えは全面的に退けられた。

 今回と同じようにDNA鑑定上の親子関係が問題になった訴訟で最高裁が平成26年に示した判断を踏襲。「生物学上の父子関係がないことが科学的証拠から明らかでも、子の身分の法的安定を保つ必要性はなくならない」とした。

 一方で井上さんの損害賠償請求についてはA子に支払いを命じる判決が出た。シングルマザーであるとの井上さんの誤解に乗じて、金品を得られるように振る舞っていたと判断された。夫の誠さんについては「家計は妻任せだった」として賠償責任を否定した。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング