産経WEST

【衝撃事件の核心】禁断の「援助交際」出産 別の男性と築いた家庭はDNA鑑定で暗転した

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
禁断の「援助交際」出産 別の男性と築いた家庭はDNA鑑定で暗転した

愛する夫とかわいい子供。ある女性が築いた幸せな家庭は、長男の父親がかつての「援助交際」相手の男性であることがDNA鑑定で判明した。親子関係の確認を求めて男性が訴訟を提起し、女性のささやかな日常は暗転した 愛する夫とかわいい子供。ある女性が築いた幸せな家庭は、長男の父親がかつての「援助交際」相手の男性であることがDNA鑑定で判明した。親子関係の確認を求めて男性が訴訟を提起し、女性のささやかな日常は暗転した

 これは関西地方のある家族に起こった出来事だ。愛する夫と、かわいい子供たち。妻が感じていたささやかで幸せな日常はある日、根底から揺らぐ。一生隠しておきたい秘密が現代の科学技術に暴かれてしまったのだ。長男は夫の子ではなく、妻が独身時代から援助交際をしていた年上の男性との子であることがDNA鑑定で明らかになった。結婚の事実すら知らなかったその男性は、自分の息子であることを法的に確認するため、女性の長男と夫との親子関係の取り消しを求める訴えを家庭裁判所に起こしたのだ。家族はどうなったのか。

援助交際、そして妊娠

 訴訟の記録から経緯をたどっていく。

 今から十数年前のこと。当時30代のA子は、50代の井上修さん=仮名=と出会った。A子は風俗店でアルバイトをしていた。本業だけでは、やっていけなかったからだ。井上さんは客としてそこに来た。

 「こういう店はやめた方がいいよ」

 A子の証言によれば、井上さんにそう諭された。確かに、店を介さずに個人的に会ったほうが、取り分は多くなる。A子は井上さんと連絡先を交換した。

 演劇鑑賞、服やアクセサリーのプレゼント、店での食事、そしてラブホテル。2人は月数回のペースで密会するようになった。井上さんからは別れ際に、現金の入った銀行の封筒をもらった。

 《もらう金額は月に10万円はありました》

 A子が振り返るように、井上さんの羽振りは悪くなかった。一緒に旅行にも行く関係になった。井上さんの親族が亡くなったときは通夜にも参列する間柄だった。

「だれの子なの!」、非情なDNA鑑定が…

関連トピックス

「産経WEST」のランキング