産経WEST

遠隔自動運転で車走行、愛知県が実証実験

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


遠隔自動運転で車走行、愛知県が実証実験

遠隔型自動運転システムの実証実験で、運転席は無人で走る乗用車=3日午前、愛知県刈谷市 遠隔型自動運転システムの実証実験で、運転席は無人で走る乗用車=3日午前、愛知県刈谷市

 愛知県は3日、同県刈谷市の「刈谷ハイウェイオアシス」で、運転席は無人で乗用車を走らせる遠隔型自動運転システムの実証実験を行った。同県にはトヨタ自動車など自動車産業が集積しており、自動運転の早期実用化につなげる狙い。

 実験は普段、商品搬入のトラックなどが使う、ハイウェイオアシスのバス停から駐車場まで約500メートルの道路を通行止めにして実施。約100メートル離れた建物内で車から送られてくる映像などを監視し、緊急時は遠隔操作で停止させる。助手席にはシステムの異常をチェックするオペレーターが乗車。

 同県は年度内に、車や歩行者が通る公道でも同様の実験を予定している。

このニュースの写真

  • 遠隔自動運転で車走行、愛知県が実証実験
  • 遠隔自動運転で車走行、愛知県が実証実験

「産経WEST」のランキング