産経WEST

【衝撃事件の核心】「猜疑心の塊」「女々しい嘘」仁義なき〝血の報復〟導火線は組長個人攻撃…分裂山口組、ついに任侠VS神戸の銃撃事件

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「猜疑心の塊」「女々しい嘘」仁義なき〝血の報復〟導火線は組長個人攻撃…分裂山口組、ついに任侠VS神戸の銃撃事件

射殺事件の現場で線香を上げ、手を合わせる「任侠山口組」の織田絆誠代表(中央)。報復の連鎖へと発展するのか=9月15日午後2時40分、神戸市長田区五番町 射殺事件の現場で線香を上げ、手を合わせる「任侠山口組」の織田絆誠代表(中央)。報復の連鎖へと発展するのか=9月15日午後2時40分、神戸市長田区五番町

 「ついに音が鳴った」。〝3つの山口組〟による抗争を警戒し続けてきた兵庫県警の捜査員はこう表現した。指定暴力団神戸山口組から離脱した新組織「任侠(にんきょう)山口組」の結成表明から4カ月半。神戸市長田区で9月12日、任侠山口組の金禎紀=通称・織田絆誠(よしのり)=代表(50)の車列が襲撃され、織田代表の警護役が射殺される事件が発生した。射殺の実行役として殺人容疑で指名手配されたのは、神戸山口組系組員。結成以降、同組の井上邦雄組長(69)をこきおろし続けた任侠山口組に、神戸山口組側が仁義なき報復を企てた構図が浮かび上がる。白昼に市街地で起きた銃撃事件に市民らは戦慄。報復の連鎖を防ぐべく、警察当局は威信をかけた警戒強化に乗り出している。

手向けた花束に「絆」

 9月15日午後2時半ごろ、長田区五番町の事件現場に、黒い上下のスーツに黒ネクタイを締めた織田代表が姿を現した。黒塗りの十数台の車に分乗し、配下の組員ら約40人を従えていた。

 事件で死亡した警護役の楠本勇浩(ゆうひろ)さん(44)を弔うつもりなのだろう。織田代表は献花台の前に膝をついて線香を上げると、数珠を手に黙とう。ぐるりと取り囲む組員らもそれにならった。織田代表の表情は終始、感情を押し殺すかのように変わらない。献花台には、「絆」と書かれた紙を添えた花束が供えられていた。

犯行、わずか1分で

 「撃ってみんかい!」

 現場に怒声が響き渡ったのは3日前の12日午前10時過ぎのことだった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「猜疑心の塊」「女々しい嘘」仁義なき〝血の報復〟導火線は組長個人攻撃…分裂山口組、ついに任侠VS神戸の銃撃事件
  • 「猜疑心の塊」「女々しい嘘」仁義なき〝血の報復〟導火線は組長個人攻撃…分裂山口組、ついに任侠VS神戸の銃撃事件
  • 「猜疑心の塊」「女々しい嘘」仁義なき〝血の報復〟導火線は組長個人攻撃…分裂山口組、ついに任侠VS神戸の銃撃事件

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング