産経WEST

【衝撃事件の核心】「とんでもないワルだ」異名は〝奄美の狂犬〟 再び暗躍する半グレ…暴力団の「実行部隊」指摘も 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「とんでもないワルだ」異名は〝奄美の狂犬〟 再び暗躍する半グレ…暴力団の「実行部隊」指摘も 

暴力団対策法などの規制を受けないため実態把握が困難とされる「半グレ集団」。その凶暴性は暴力団をしのぐともいわれ、9月には、大阪・ミナミで暴力沙汰を起こした半グレの〝残党〟とされる元格闘家の男が逮捕された 暴力団対策法などの規制を受けないため実態把握が困難とされる「半グレ集団」。その凶暴性は暴力団をしのぐともいわれ、9月には、大阪・ミナミで暴力沙汰を起こした半グレの〝残党〟とされる元格闘家の男が逮捕された

 こうした状況を受けて南署は9月中旬、延べ約70人の捜査員を動員してミナミの飲食店などを訪問し、暴力団や半グレ集団からみかじめ料の要求がないか、実態調査を実施した。

 ミナミには約4500の飲食店や風俗店などが軒を連ねるが、調査ではこのうち約750店を回って注意喚起し、実態に関するアンケート書面を配布。「みかじめ料を請求された」「暴力団の名前をかたり脅された」といった証言や、半グレ集団に関する情報が複数寄せられた。

 同署によると、府内ではいくつかの半グレ集団が確認されているものの、メンバーや暴力団との関わりについては把握しきれていない部分も多い。同署幹部は「暴力団の資金源を断ち切るためにも、半グレたちを野放しにするわけにはいかない。得られた情報を1件1件掘り起こし、実態解明を進める」と力を込めた。

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング