産経WEST

【鹿間孝一のなにわ逍遙】飼ってはいないが、猫に癒やされる日々

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鹿間孝一のなにわ逍遙】
飼ってはいないが、猫に癒やされる日々

産経新聞カメラマンが取材した「猫どころ」で出会った猫たち(産経ネットショップで2018年のカレンダーとして発売 https://sankeishop.jp/ ) 産経新聞カメラマンが取材した「猫どころ」で出会った猫たち(産経ネットショップで2018年のカレンダーとして発売 https://sankeishop.jp/ )

 向田さんが不慮の飛行機事故で亡くなって3カ月、マミオは自分の部屋から一歩も出なかったそうだ。

     ◇

 一般社団法人ペットフード協会によると、昨年の全国の推計飼育数は、犬が987万8千匹、猫が984万7千匹だった。

 ここ数年、犬は減少傾向、猫は横ばいだから、長くペットの王座にあった犬を猫がもうすぐ逆転しそうだ。

 背景に女性の社会進出と1人暮らしの増加があるという。犬は散歩に連れて行ったり、トイレや鳴き声のしつけをしなければならないが、猫はマンションなどでも飼いやすい。

 一方で5万6千匹の犬・猫が殺処分されている。減少傾向というが、捨てられるペットが後を絶たないのはどうしたことか。ペットブーム影の部分である。

     ◇

 産経新聞の東京写真報道局が、来年の猫カレンダー「猫どころ 2018」を製作した。日本各地の「猫どころ」を巡り、四季の風景とかわいい猫の姿をとらえている。700円(税込)+送料300円。産経ネットショップ( https://sankeishop.jp/ITEM/ns200736-00000-00000 )で受け付け中です。

▼産経ネットショップ(外部サイト https://sankeishop.jp/ )

(瀬戸内の海岸で猫が飛ぶ!…産経新聞YouTube動画 https://www.youtube.com/watch?v=IYXXA7EvIww )

▼ そのほかの「ベテラン記者コラム」を読む 

鹿間孝一 鹿間孝一 産経新聞特別記者兼論説委員(平成25年9月まで大阪特派員を兼務)。北海道生まれの大阪人。生涯一記者を自任していたが、なぜか社命によりサンケイリビング新聞社、日本工業新聞社で経営にタッチして、産経新聞に復帰した。記者歴30余年のうち大半が社会部遊軍。これといった専門分野はないが、その分、広く浅く、何にでも興味を持つ。とくに阪神タイガースとゴルフが好き。夕刊一面コラム「湊町365」(「産経ニュースWEST」では「浪速風」)を担当。共著に「新聞記者 司馬遼太郎」「20世紀かく語りき」「ブランドはなぜ墜ちたか」「なにが幼い命を奪ったのか 池田小児童殺傷事件」など。司馬遼太郎に憧れるも、いうまでもなく遼に及ばず。

このニュースの写真

  • 飼ってはいないが、猫に癒やされる日々
  • 飼ってはいないが、猫に癒やされる日々
  • 飼ってはいないが、猫に癒やされる日々
  • 飼ってはいないが、猫に癒やされる日々
  • 飼ってはいないが、猫に癒やされる日々
  • 飼ってはいないが、猫に癒やされる日々
  • 飼ってはいないが、猫に癒やされる日々
  • 飼ってはいないが、猫に癒やされる日々
  • 飼ってはいないが、猫に癒やされる日々
  • 飼ってはいないが、猫に癒やされる日々

関連ニュース

「産経WEST」のランキング