産経WEST

【鹿間孝一のなにわ逍遙】飼ってはいないが、猫に癒やされる日々

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鹿間孝一のなにわ逍遙】
飼ってはいないが、猫に癒やされる日々

産経新聞カメラマンが取材した「猫どころ」で出会った猫たち(産経ネットショップで2018年のカレンダーとして発売 https://sankeishop.jp/ ) 産経新聞カメラマンが取材した「猫どころ」で出会った猫たち(産経ネットショップで2018年のカレンダーとして発売 https://sankeishop.jp/ )

 わが家のテレビにはいつも猫が映っている。

 NHK・BSの「岩合光昭の世界ネコ歩き」である。すべて予約録画しており、見たいと思う番組がない時に再生する。

 ペットは飼っていないが、まるで猫がわが家にいるようだ。飽きないし、じゃまにならない。

 カメラが猫の目線で撮影しているのがいい。旅番組は数多くあるが、見慣れた風景が新鮮に感じる。

 ときおり岩合さんの「いい子だねえ」という声が入る。それでも我関せず、マイペースを崩さないのは世界の猫に共通である。

     ◇

 作家の向田邦子さんは猫好きで知られ、3匹の猫を飼っていた。

 〈「なぜ猫を飼うのですか」とよく聞かれる。これは「なぜ結婚しないのですか」という質問同様、正確に答えるのはむつかしい。実は、私自身、理由が判らないからである

 〈一つだけはっきりしているのは、これは人間とのつきあいにしても同じことだろうが、馴染めば馴染むほど判らないということだ。恐ろしくカンが鋭くて視線ひとつで、こちらの心理の先廻りをするかと思うと、まぎれもなく野獣だな、と思い知らされたりもする。甘えあって暮しながら、油断はできない、その兼ね合いが面白い。〉(「猫自慢」から)

(秋色に染まる「猫寺」…産経新聞YouTube動画 https://www.youtube.com/watch?v=IYXXA7EvIww )

     ◇

 3匹のなかでも、旅行先のタイで一目見て「感電してしまった」というコラット種のマミオがお気に入りだった。

 雑誌の取材などで写真を撮られるときは、ブルー・グレーの毛並みが美しく写るよう、黒のセーターなどを着込んでカメラマンの到着を待ったという。

 〈偏食・好色・内弁慶・小心・テレ屋・甘ったれ・新しいもの好き・体裁屋・嘘つき・凝り性・怠け者・女房自慢・癇癪(かんしゃく)持ち・自信過剰・健忘症・医者嫌い・尊大・気まぐれ・オッチョコチョイ…

 きりがないからやめますが、貴男はまことに男の中の男であります

 私はそこに惚れているのです。〉(「マハシャイ・マミオ殿」から)。

 マハシャイはタイ語で伯爵である。

忠犬ハチ公を超えた…向田さん飛行機事故死、愛猫は部屋から一歩も出なかった

このニュースの写真

  • 飼ってはいないが、猫に癒やされる日々
  • 飼ってはいないが、猫に癒やされる日々
  • 飼ってはいないが、猫に癒やされる日々
  • 飼ってはいないが、猫に癒やされる日々
  • 飼ってはいないが、猫に癒やされる日々
  • 飼ってはいないが、猫に癒やされる日々
  • 飼ってはいないが、猫に癒やされる日々
  • 飼ってはいないが、猫に癒やされる日々
  • 飼ってはいないが、猫に癒やされる日々
  • 飼ってはいないが、猫に癒やされる日々

関連ニュース

「産経WEST」のランキング