産経WEST

【衝撃事件の核心】「なぜ1匹にできないんや」「命だからです」 マンションのペット“定員オーバー”…住人vs管理組合の法廷バトル

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「なぜ1匹にできないんや」「命だからです」 マンションのペット“定員オーバー”…住人vs管理組合の法廷バトル

ペットは1匹までならOK、2匹目はダメ。そんな管理規約が定められた分譲マンションで、ある入居男性が犬2匹を飼い、再三の注意にも従わなかったことでトラブルに発展した。管理組合側は男性を提訴したが… ペットは1匹までならOK、2匹目はダメ。そんな管理規約が定められた分譲マンションで、ある入居男性が犬2匹を飼い、再三の注意にも従わなかったことでトラブルに発展した。管理組合側は男性を提訴したが…

 大阪地裁の判決言い渡しは今年8月。山本さんに対し、犬の飼育を全面的に禁止することを言い渡し、組合側に損害賠償40万円を支払うよう命じた。組合側の完全勝訴だった。

 裁判所は管理規約の細則規定に着目。飼育者が勧告に従わない場合、ペットの全面的な飼育禁止を可能にしていることを挙げ、「(山本さんは)2匹以上のペット飼育が細則違反だと知った後、違反状態を是正すると述べながら犬2匹の飼育を続けたため、原告は訴訟を起こさざるを得なくなった。(山本さんの)2匹飼育は不法行為を構成する」とした。

 さらに山本さんが主張した他の住民の複数飼育については、現在の細則が制定された段階で、すでに複数飼育していた背景があり、そのときのペットが死ぬまでの猶予措置だったとして、これをもって不平等とはいえないと判断した。

「ルール順守を」

 ペット関連法に詳しい吉田真澄弁護士(京都弁護士会)によると、最近は殺処分ゼロを目指す自治体が多く、飼えなくなったからといっても、すぐに引き取ってくれないケースが多い。

 それゆえ「飼育が問題になれば新たな譲渡先を探すか、別の物件に移るしか方法がなく、ハードルが高い」と指摘。最近のペット問題はこじれやすい背景事情があるという。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング